インタビュー記事・アルバムレビューまとめ(2017年8月)

日本にお住まいの皆さまのお手元にはそろそろイギリスからSpooky Actionが届き始めた頃ではないでしょうか。

iTunes Store、Spotifyなどの配信が日本では遅れているようで、CDなどを待つか、あるいはオフィシャルストアからデジタルダウンロードするかしかないようです(2017年8月15日現在)。

お手元に音源が届くまでは、インタビュー記事やアルバムレビューがいくつか公開されていますので、そちらでお楽しみください(注:下記記事の抜粋は管理人の独断で面白いと思ったところを編集・意訳して載せています)。この投稿は随時更新の予定です。

インタビュー記事

  • 2017年8月12日 www.pennyblackmusic.co.uk
    Paul Draper Interview
    「Spooky Actionというタイトルは、最初アインシュタインの本から取った。プリンスもSpooky Electricという音楽的分身を持っていた。Spookyという言葉が好きなんだ」
    ※以外にマンサンの他のメンバーに関することがかなり書かれています
  • 2017年8月10日 HMV
    Paul Draper talks us through the making of his new album Spooky Action…
    「バンド時代よりもプロデューサーでありソロアーティストである自分を楽しんでいる。もう自分はポップスターではない。ツアーのチケットも売り切れたし、レコード会社の言いなりにならず、自分の楽しみのためにやったんだ」
  • 2017年8月4日 The National Student
    Interview: Paul Draper
    「バンドの頃に比べてより個人的な内容。たくさん言いたいことがあったし」
    「マンサンの再結成はビートルズの再結成より難しいだろうね」
  • 2017年8月1日 PROG Magazine(有料コンテンツ)
    Paul Draper: “I didn’t go looking to be a solo artist”
    「かつての自分は独裁者で、些細なことでみんなを怒りまくっていたけど、今はキャサリンがその役割を担っている。彼女は20年前の自分。毎月ケンカしている」

アルバムレビュー


SPOOKY ACTION
PAUL DRAPER
2017年9月6日 日本盤発売予定

広告

「Things People Want」の新しいミュージックビデオが公開されました

今回公開されたビデオは、メタリカなどのミュージックビデオを手掛けたDan W. Jacobsが製作したアニメーションで、クレイアニメとCGを組み合わせたものとなっています。

NMEにビデオとポールのインタビュー記事が掲載されています。
記事へのリンクはこちら

アルバム製作について、ポールは以下のように語っています(意訳)。

「マンサン時代にも、その後にもいろいろなことがあったけど、曲を書くことでいろいろなことを吐き出してセラピーにもなった。前は怒りに満ちていたけど、今はそれを対岸から見ているようだ。そこにたどり着くまでは長かったよ。音楽は自分を人として修復してくれた。復讐心で始まった音楽も幸せなエンディングを迎えた。アルバムを作ることができて本当に幸せだし、光栄だよ」

アルバム発売がいよいよ来月11日に迫り、UKツアーやサイン会などいろいろなイベントが目白押しのポールですが、彼の活躍にはこれからも目が離せませんね!